チントレ, ペニス増大サプリ

チンコサイズアップで包茎改善!小さいチンコと包茎の関係

長さ、太さ、におい、早漏、遅漏、勃起不全…など多岐にわたるチンコの悩み。 その中でも特に多くの人が悩んでいるのが、包茎についてです。 これは見た目ですぐにわかってしまうため、男性であればみな「何とかしたい」と思うことでしょう。 そのままだと自信をもって女性に接することもできないかもしれません。 実際に恋愛においてそれがコンプレックスになってしまい、パートナーとの関係性が壊れてしまうといった深刻な悩みもあるようです。 また、皮の間に汚れが溜まりやすくなって臭いが出る、カリがかゆくなるなどといった別の悩みにもつながってしまいますので、できれば早めに悩みを解消したいものです。 また、治療しないままでいるとチンコが先細型になってしまうこともあります。

そんな包茎ですが、実はチンコのサイズとも関係があるのです。

もちろんチンコは百人いたら百通りの形状があるので必ずしもそうなるとは言えないのですが、チンコが小さいと包茎になりやすく、チンコを大きくすることができれば悩みを解消できることとがあるようです。 ここではチンコサイズとの関係性をまとめてみましたので、男性のみなさんはぜひ参考にしてください。 チンコを増大した上で悩みを解消できるのならば一石二鳥のはずです。

チンコサイズと包茎について

そもそも包茎はチンコの皮の長さが余って亀頭につねにかぶっている状態のことです。 そしてその種類にはカントン包茎、真性包茎、仮性包茎に分けられます。

カントン包茎

カントン包茎は上の方がちょっと見えている感じの状態で、平常時にどうにか露出させることはできますが出口が狭く、無理にむいたりすると腫れてしまうことがあります。

真性包茎

真性包茎は出口が非常に狭く、完全に亀頭が隠れてしまっている状態。 平常時でも手でむくことができません。 これらの場合は現時点で痛みなどの症状がなくても、将来的に何かの病気を引き起こすリスクがあるので、できるだけ若いうちに手術を受けたほうが良いでしょう。

仮性包茎

  一方、仮性包茎であれば手でむくと簡単に露出させることができます。 平常状態で亀頭に半分くらい被っている状態は、仮性にあたります。 ただし仮性の場合は平常時にちょっと触れば露出するものから、勃起してもほとんど被ったままのものなど、症状はさまざまです。 このうちもっとも多いのは仮性包茎です。日本人の6割~7割の人は仮性だとも言われています。 包茎のままでいると亀頭は常に圧迫され、締め付けられた状態です。 そのため成長が阻害され、亀頭の小さな先細り型のチンコになってしまいます。 もちろん、チンコ自体も小さくなります。 逆にチンコのサイズが小さいがゆえに皮をかぶってしまうしまう場合もあります。 チンコが小さく短ければ、その分皮膚があまってかぶってしまうからです。   ここまで読んで絶望してしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。 つまりは包茎を治せばチンコが大きくなる、そしてチンコを大きくすることができれば治るのです。 それほどチンコサイズと包茎の間には、深い関係性があるということなのです。 しかもチンコが小さければ小さいほど、治る確率も高まります。 具体的にどうやってチンコを大きくすればよいかというと、まずはクリニックでの増大治療を受けるという方法が挙げられます。 手術を受けて不要な皮を取り除くか、成長に必要なヒアルロン酸やホルモンをチンコに注射するか、などさまざまな治療法があります。

ちんこを大きくすると包茎を改善することができる

ですが包茎クリニックでの増大治療には少し抵抗があるという方もいらっしゃると思います。 ヒアルロン酸注射などは即効性があるうえに気軽に受けられる施術なので昨今では人気がありますが、たしかに大事な部分にメスや注射針を入れるのはちょっと怖いですよね。 そんな方におすすめしたいのが、チンコの成長に必要な成分が配合されたペニス増大サプリです。 成長には、体の中でアミノ酸が合成されてできる「L-シトルリン」と「L-アルギニン」という成分が必要です。 ですがこの二つは普段の食事からはあまり摂取できないものです。 スイカにごくわずかに含まれる程度だとも言われています。 さらにまれつきアミノ酸合成の力が弱い人はうまく生成できず、大きくなりません。 また、血流が多いと膨張して大きくなります。 勃起もこのシステムで起こります。 これはチンコを構成する海綿体細胞という細胞がそこに流れる血液の量に反応するからです。   ですからもともと血流が悪い人はチンコに充分な血液が流れず、性的に興奮して勃起してもチンコはそれほど膨張しません。 つまりチンコを増大させるには、「L-シトルリン」と「L-アルギニン」という成分、そして血流を良くすることが大切なのです。 ほとんどのペニス増大サプリには、「シトルリン」が配合されています。 さらに海綿体細胞や筋肉を成長させるアルギニンはもちろん、トリプトファン、チロシン、グルタミンといったアミノ酸成分も配合されています。 ペニス増大サプリを飲めば、血流が良くなるほか成長を促す成分がたっぷり摂取できるのです。 また、チンコは海綿体細胞と下腹部からつながる筋肉で構成されています。 ですからスクワットで股関節周りの筋肉を鍛えるなどのチントレもチンコを大きくするためには有効です。 運動が苦手だという方は、勃起してない状態でチンコを引っ張るだけというチントレもあります。 こういったチントレの有効性は、実際に科学的にも証明されています。

チンコが大きくなれば包茎もなおる?チンコのサイズと包茎の関係【まとめ】

包茎に悩んでいる方は、まずチンコの増大を考えてみてはいかがでしょうか。 チンコが大きくなれば包茎もなおります。 それは皮で覆われ、成長を阻まれていた亀頭が解放されて成長するからです。 悩みを解消した上にサイズが大きくなるなんて、夢のような話ですが、本当に実証されている話なのです。   クリニックでは症状にあわせた手術や増大治療も行なわれていますが、その前に自分ひとりでできることもたくさんあります。 カントン・真性包茎など病気につながるリスクが合って一刻も早く治療が必要な場合を除き、手術は最終手段にとっておいてもいいでしょう。   手術では痛みが現れる可能性がありますし、万一のときのリスクもあります。 料金もそれなりにかかってしまいます。 ですが自分の力で増大するのであれば、リスクも費用も少なくて済みます。   包茎治療をしたいのであればまず増大サプリを飲んでみること。 そしてチントレを行なってみること。   この2つの行動を始めてみましょう。 インターネットで探せば実際に効果があった増大サプリの口コミや、チントレの方法を記載したホームページなどもたくさんありますから、一度自分が生活に取り入れやすいものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 とはいえもちろん個人差があるものなので増大サプリだけでサイズが大きくなる人もいれば、チントレによって大きくなることもあります。 そしてあまりサイズが変わらなかったという人もいます。 ですがやってみて損はないと思います。   包茎が治ればチンコに長さと太さがでて、カリもしっかり際立った素敵なイチモツになれます。 また、悩みやコンプレックスから解消されることで、自然と自分に自信もでてくるでしょう。 男性にとってチンコは「男としての自信」に直結するものですから、自信をもって恋愛にも臨めるようになりますし、いいことだらけです。   悩んでいる時間はもったいないので、ぜひ今日から自分のできることを始めてみてください。